さぽろぐ

  アウトドアー  |  札幌市東区

ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
北国のだんな
海の香り、音、景色を楽しみながら、のーんびりと年数回の釣行記&α。
釣りが主ですが、その他も有りって事で『α』です。

2019年07月21日

礼文&虻田ロック

例年と比べて釣行回数が少ない年でして、欲求不満状態から脱出すべく…とにかく魚の顔を見たいでござるー。
ってな事で、頭の中は例年お世話になっています礼文漁港、「南へ、南へと、いざ出陣icon17
現地着、7/17、0時を回ったところでして、まずは街灯付近でジグヘットにてキャスト…例の如く細かな当たりが…10CMとか12CMのガヤ君でしょうかねー?当然乗りませぬ…慣れてますんで気にせずキャスト繰り返すもワームをしっかり咥えてくれるお魚さんが居りませぬicon15
漁師の方達が往来し、船の出港のようで、この時間に船出すのを見たのが初めてでございまして、仕事の邪魔にならぬ様、たった30m程の所を行ったり来たりとしながらキャストを繰り返し、やっと乗ったーicon37











15CMのガヤ君。
1時を過ぎ、サイズアップ狙いで暗い所へ移動、テキサスに変更しキャストを繰り返すもあたり自体が少なくなり(我ながら熟知してますが)、ネチネチ攻撃をば続け、やっと











来ました、20CMオーバーのソイ君icon06
更なる、サイズアップ狙うも気持ちだけが空回りface06
一度すっぽ抜け有りましたしface12相変わらず、へたッピでんなー。
時間だけが過ぎ、気がつけば、すでに3時30分「もうすぐ夜明けじゃんface10
さすがに、痺れを切らし、虻田漁港へと移動。
自分としての青写真は礼文漁港だけで5匹程ソイ釣って、お持ち帰りー…なんて思っていたんですがねー。
海の神様がそうはさせません。
投げ釣りの方が2名おりまして。
夜も明けましたし、魚種もアブラコ釣れるかいなーと思いつつテキサスにてキャスト繰り返し、捨石&テトラ回りで細かい当たりが…合せるも、相変わらず乗りませんicon15
ワームのサイズ変えたり色を変えたりで、なんとか











16CMのガヤ君、












同サイズのガヤ君。
投げ釣りの方、サビキもしてまして、チビガヤの数釣り楽しんでるようで。
それにしても、アブラコさ、何処さ行っただ?
当たりが有っても、ワームの尻尾だけ無くなったり苦戦続きで、やがて今日一番の当たりが有り、見事フッキング成功と思いきや、なかなか寄ってこない、なんとドラムを少し緩ませてたのでスプールが空回り状態だったんですねー、慌ててドラグ締めたんですが、時すでに遅しで根に潜られ…face07、その後若干の動きが竿先に伝わった時に、引き抜いてみるも、うんともすんとも言わずface12、仕方が無いのでラインを持ち引き抜こうとするも、「プチッ」と…face08
………我茫然。
気持ちを切り替えキャストを繰り返し











15CMのソイ君。結局、これが本日ラストのお魚さんとなりまして。
アブラコが釣れず、明るくなってもガヤ&ソイでやんしてサイズが今一の釣行になってしまいました。
根に潜った魚は何だったんでしょう?
次回は「デッカイお魚さん釣ったるぞー」
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村  


Posted by 北国のだんな at 23:25Comments(0)北海道釣り